うれしいことば。

f0077852_17332623.jpg


洋服をつくる。


というのは材料あって、道具あってのできる仕事であります。

技術、感覚、ってのはまあ磨かれたり、ひとそれぞれでもっているものがあるのはおいておいて、
材料がないと、その浮かんだこともかたちにはできなかったりします。

そしてまたオーダーしてくれたり、そんなお客様がいるから
ミシンを動かす時間が増えたりします。

最近は。

すこしの もやもや。
材料を生み出すためには。
個人で作っていることでの壁は多少なりとも感じています。
(世は大量生産大量発注でのファストがずっとだったから)
でも時代はすこしづつ、またもどって、ひとつ、そのひとつひとつを大切に、という
精神も取り戻しつつあるとも感じながら、、、 
 

そこへ、
以前オーダーしてくださったお客様がいらして「みんなにワンピース好評で!」
とお言葉をもらってさらに
「貴重な存在だから。きっとこれからみんなのお洋服をつくっていくんだとおもいます」

そんな言葉をいただいて、とても感激しました。
一生懸命、いただいたオーダー服を仕上げて良かったなあと思いました。

また、それまで店内にこんなのを並べたいなあとじぶんカラーが伝わるような作品を
作り続けてきてよかった、とおもいました。



ひとつの型紙に、すっと引く鉛筆のライン

はさみをいれるその瞬間

一針一針進めていくミシン そのミシンがつくる糸のライン 

そして立体になっていく、かつては平面だった布たち。  *


そんな行程を、大事に、これからも続けていく大切さ。
たのしみをもって がんばっていこう!と思えた本日でした、感謝。
ありがとうございます。
[PR]
by chocolat_laposte | 2012-11-25 17:33 | ブランドsjunde himlen
<< しあわせいそがし♪ 今日のワークショップ。♪ >>