満ち足りてるとかんじる心

f0077852_2325945.jpg


なにかせっぱつまったり、
いそがしくしすぎているときって、
めのまえに ある、沢山のゆたかのものに気づけずに
積み重なった大変そうなものの方に意識がいきがちになる、、

ふっと、
すこしおちついて外にでたとき
はーなんにもなくて満たされている。
ただただ綺麗にひろがる空 すっとのびてる草 木々があって
鳥の声 虫の声 響き渡っている この大地
それだけですばらしいよ、、
と 立ち返ったような気持ちになる。

そう、きっとみんな
目の前に、こんなにありがたい環境、
励めるうちこめる仕事、
大切におもえるものたくさん、

でもそこにちょっと詰まっているものがあるとーフィルターかかっちゃうと
きづけなくなってしまうときってあるよな、
って
今日はひさしぶりにいろいろやりきった 後の休みで
掃除して、ぼーっとして
郵便がてら散歩して、 
田舎の商店でとうきび買って帰ってきて

そんなふうにすごして立ち返った、

目の前のもの、
いまあふれているもの、ふれあっているもの、すべてに
感謝、 満ち足りてこの豊かさに感謝しながら
また縁をつなぐようにいろんなことに励みたい。

ただただそんなきもちになった本日だったのでした。


無い、無い、あれがない、そう感じ続けていきていくのか、
こんなにもある、これに感謝、あれに感謝、と目の前のまず「在る」ものに
めを向けられるか、どちら側の人間でいるかですっごく人生って
かわってくる。

その意識が後者になったときから、
ほんとうに不安とかいうようなきもちが消えていって、
しあわせなきもち、あったかいきもちが多くを心をしめるようになった。

だれの心の中にもあるはず 満ち足りたとかんじるハート
それにきづいてみんなしあわせにあふれたらいいなーーー

ありがとうございます。
[PR]
by chocolat_laposte | 2015-09-24 23:25 | 感じた事
<< 新しい空気。 良い天気な >>