この時間。

先日いった森彦本店より、、
f0077852_23165025.jpg


One cup at a time, One customer at a time…
スターバックスでこの言葉をキーに仕事をしていたころのコトも思い出した。
この間の円山での時間。
友人と円山散策のあいまに森彦にて、ゆっくり静かな時間。

そう、こうやって、ゆーっくり、
じーっくりコーヒー1杯を飲み終わるまでの時間くらいは頭を休ませる。

自分としてはこういう時間を積極的にとっていかなくちゃな
というタイミングでたまたまコーヒーをいただきにここにきたけれども
とても良い時間だった。
その古民家の作り出す空気感とか、照明の適度な暗さとか、
そしてそこに運ばれてくる真っ黒な一杯の珈琲とか、
そんなに大きな声では話せない席数とか、
いろんなことが重なって、その空間の居心地の良さって出来上がる。
瞬時にそんなことをかんじさせていただいた。
いろいろ
悩むいまにピッタリの時間をすごすことができた。

自分は雑貨屋という媒体を通して来てくださる方々に空間を提供しているわけでありますが
そう、「ものを販売している」とはいえ、やっぱりそこの「空間」を
感じてもらっている、とおもっています。

だからなにより居心地、気温とか音楽音量とか、そのへやの広さに対しての
ちょうどよい距離感や声のボリュームとかってとっても大切にしてきたいところで、
札幌のお店と富良野のお店はぜんぜんちがってくるから、
これまた面白いし、それぞれの良いとこ引き出せるように日々考えを巡らせている。

今日は日差しの入り方が綺麗な富良野のお店で比較的、
ゆっくりと仕事をしながら、、いろいろ考えていたのであります。
f0077852_23165114.jpg


昼間あんなに日差しに照らされきらきらと光っていた草花も、
夜に成れば暗闇のなか。

それは自然の成り立ちかもしれませんが、
人間というのはそれだけではない、自らが持つ生命力、自我、というものが
ある。
だからいろんなことに影響はうけるかもしれないが、
やっぱりすべては自分のこころの写し方1つなんだとおもう。

昼間はあんなに輝いていたのに、
夜に成ると真っ暗、と天気に左右されるみたいに心があったのならば
どんな場所にいてもただただしんどいだろうなそれは、とおもう。

それよりも、自分自身でこころにヒカリを灯して、
「そう、このヒカリがあるから進んでいこう。」と柱を立てる事、
そうやっていくだけで日々がみるみると変化していくくらい、
自分のこころを支えていけるのは、まず自分でしかない。

わたしはこないだの雪の日どかん(そんなにひどくないから心配しないでね、、、、笑)
とやらかしてしまって、その日はひどく落ち込んだんですが、
が、でも2〜3日たってあれなんの意味があったかなーとか
沢山考えて、まあぜったい起きない方がよかったことにはまちがいないんだけど 笑

起こる事に全部意味があるから、
そうならば自分はなぜあれを招いてしまったかな?と
長い事考えていたんですね。

その間にはおちこむから飲みすぎたり、wだからもっと体調わるくなったりww
忙しいのにそんなことしたからすごい大変だったりwww 
っとかだったんだけど、
結局でも、 うん、そうよね、あれやこれはやだからこれをこうして整えてこ!!
て自分のつぎの目標が立つきっかけになったんですよね。

というか自分はむりやりにでも、こうやって次の前向きなものに変えてかなくちゃ
気がすまない性格なおかげもあって、
だからこそおかしたミスに対してすんごく悩むし落ち込むけど、
それはなんの意味が?と冷静に分析することがみについたのかな、っておもって。
(といっても32さい、いまになってほんとやっとだけど。
これまで泣いてわめいてなにかあるごとしぬ〜〜いうてきたけどさ笑)

まあなにがいいたいかというと、

今日 自分 打たれ強くなったな〜っておもったのでした。笑


どんどん強くなるのかな、きっとそれも
そのさきに目標があるからだなm一喜一憂することが自分の目的ではなく、
そのさきのもの、を描くであります。


さ、今日は早く寝よ〜〜

今日もみなさまおつかれさま!
[PR]
by chocolat_laposte | 2015-10-29 23:16 | 感じた事
<< kakuの週末vol1 ワークショップ in マルヤマ... >>