小さな光。

f0077852_00021255.jpg

ずーっと長いこと沈黙していた心が動き出したとき。
それは溶けて流れたり、震えたり、
様々なかたちで現れてくる。

1つの記憶が下の方へ
転がる時は次々の引っ張り出されて 「ふあん」と
いうものに包まれたりもするけれど
きっと誰にでもあるようなこと。
きっと小さなことって後から思えるようなこと。

でも優しさがいろんな形でまた現れるこの時期と
重なると、浸透してジーンとしてしまう。

でもそこを閉じずに開けるんだ、
閉じたらいつまでも凍ったままだ、
溶かしきるかのように、感じきって、
受け入れるんだ。

そうしたら、
また気づける。
心の奥にある、ちいさな光、
決して消えることのない、自分の心の光が、
また、
強くなっていける、強く光を放っていけるって、
そんなふうに、あたたかさが蘇る。

こんなときは、
ありがとう、と呟いて、
ぼーっと過ごせばいい。
無理に上も下もみなくてよくて、
そのままで進めば、いいのかなとおもう。

心に正直にしか生きられないから
不器用なのかもしれないけれど、
それでも進むって、小さな光とともに歩むって
奥底から聞こえてくるような。

スタートの日だ。



[PR]
by chocolat_laposte | 2016-11-06 00:01 | 感じた事
<< お店のなかもすこーしかえて♩ 季節のイロ >>