<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

どれくらい しってるかい ?

 f0077852_21222814.jpg

私は 
すきも嫌もキになればすぐに神経が集まる 

だから嫌い、右左から聞こえる雑音

窓の外 みるのがすき

休みの前の日に
やっと時間から解放される 

思考が止まるは空腹時と、寒い場所  

迷いがあると作業が進まない

閃くまで無駄にうごかない




だからどこにいったって角の席がすきだし仕事中はひとりの休憩時間がすきで
家の中から見る雨 雪 がすごく好きで
休みの前の日はパーティーみたいに食事をとるし
何かやるときには
いっぱい あたたかくして、よし。ってなってミシンに向かう。
雪が降ったら次の季節だ♪と嬉しくなるし
緑が顔だす春になると であったわかれた人々をおもいだすよ
 

私はわたしのどのくらい、しってるかなあ?と考えていた。

まだまだ知らないなあ。

あの人やこの人は、あのひとこのひとのどれくらいを把握しているだろうか?

だから、人って
しっぱいって転んで、
また明日。って忘れて
おはよう。って笑ったりして
がんばったね!と励んで
つかれたなーーてぐちぐちして
だめだだめだがんばろって考えたりするんだよね。みーんな、これ、いきてくって
ことの、日々の大切なこころの変化、ていうのかな どれもだいじってね。

その日でもうおわるってくらい頑張る時は頑張り
 また明日があるさ。♪とおちこんだときは励まし

「時間の流れ」と「その感じる心」をおおいに自分の味方につけて


`ゆっくりと走る`っていう感覚でいたいね。

景色が見えながらさ
でも誰にもまけないスピードではしんだ、それってのはさ。
[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-30 21:46

だいじょうぶ、っていう根拠

f0077852_191092.jpg



 いまの仕事の立場上、たくさんの人へ「大丈夫だよ」と
                     励ましを与える機会が多々あります。

 また、嬉しいことに、いろんな人から、いろんな事を打ち明けてもらい
             「大丈夫だよ」と声をかけてあげる機会も多々あります。

そう、今声をかけたりできる自分がいるのは、わたしが今までたくさんの
「大丈夫だよ」をいろんな方からいただけてきたからなんだろなーと思ってるし
いつからか自分からその言葉をいう機会が増えたときは、
「わたしがもらった分、励ましを私からあげようと考える番がきたのかな」とも思ったのです。


なーーんてかきながら
明日はお仕事がおやすみなので、服の製作はあるけれど
ビール片手に、ネットで心理学を学んでたのしくなっていました。笑
(ビールを持ってる時点で、「学んでる」という言葉は不適切かもしれないね笑)

そこで興味深い文をいくつかよんだのでかきます。
ていうか、きのう書いた日記と、や、最近考えてることを心理学、の言葉でかっきり見る事ができてとてもおもしろかったので、かこーっておもいます。


<「人と親密になるときー親友、恋人をつくるのはとてもリスクを伴うことである」
傷つくかもしれないし、はじをかくかもしれない、そして努力が必要でもある。
心が弱っているときは孤独のほうが良いとかんじるときもあるかもしれません。
しかし、この`親密さへの恐れからの孤独`を乗り越えることが発展的成長なのだ>



そう、みーんな孤独になるかもしれない そんな不安を抱えはじめるとわかっていながら
人と人は出逢い親密になっていく。

これ男女のはなしだけでなく、友人もそうだよね。
大切であればあるほど、離れるとか、嫌われるのが恐い、そんなきもちが芽生える。
しかしそのことをわかっていながらそれでも
私達は友人と集い、恋人と時を過ごしたいとかんじてふれあっていく。

なーーんて
素敵な人間の性だなあと、ビール片手に思うわけであります! 笑


また
みんなや、わたしも
こころにいやーな 真っ黒 みたいな 思いで ってあるとおもうんだけど
よいはなしをみつけたよ!♪

今まで過ごした中で
どんな世代、どんな人でも 調査した結果
たのしいと感じる出来事 6割、中間の出来事3割、辛いと感じる出来事1割。
そんな結果があるそうです。
ということは、もしつらいがおおいとかんじていても
「かんじる心」次第でかわる。

わたしが思うに、今起きてる辛い、ははやいかおそいか、なだけだとおもうんだよね。
はやくに、とっても辛いことがあればそのあとのちいさな(と感じる)辛いなんて
ちっぽけなもんだ。
だけど、ちいさな、が大きなを感じるまえに起きてしまうとおおきくかんじるし。

だから何か嫌なことがおきたときは
「つぎはどんなこときたって大丈夫になれたね。」っておもえばいいし
真っ黒のつぎはぜったいたのしい黄色みたいな事、起きるしね。♪
って思うこころを持つ事が大事です。




きょうは左脳でたくさん考えたとおもうので
明日はやすみ、右脳をたくさん使おう。


あるいて空気をたくさん吸い込んで
冬のにおいをかんじて
明日そらからさしこむ光をこころまで届けるようなイメージで
すごしたいなあ。
[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-28 01:37

明日のことと、何年かさきのこと。

f0077852_14212462.jpg 



今日という日は、
もう今日しかこないから私は精一杯たのしむ。

今という時間は、
今しかないから思ったことを目一杯表現する。

これ、わたしのモットーですね、だってそうじゃなきゃ
自分が自分で居る意味ないでしょう??
わたしは私しかいないし、君はきみでしかないんだよ?
こんなふに
きっとみんなの胸にも自分なりのモットー、信念、があるだろうね。
 

そんな中で人と人は触れあうわけだけれども
 自分らしさを失って やっと保たれる関係 
なんて大事なんであろうか? と思う。
どんなに愛した人がいれど、
自分という自分がそこに居ないのなら、
愛したその人の目にうつっている自分っていう存在は一体何ものなんだろう。


私 でもない何物でもない存在だ。
それは私 だろうが あの人 だろうが この人 だろうが

変わらないってことだ。



自分が自分でいられるから
その関係が ともだち 恋人 妻 夫 家族 大切な存在として
たがいに支えあっていけるものになるとおもうから
わたしはもちろんこれからも
自分が自分らしくいられ、そして相手も相手らしくいられるように
受け入れ 受け入れられていきたいって思うんだよね!
そんな「過程」のなかで、がっちりとつながってくものもあれば
離れていくものもある事は、だたそこにある現実。
そんな風にわたしも変わって行く。




雪が降るよ。
真っ白になって、こころが弾むね!
秋が去る。
切ない茶色が去って行く。


目に飛び込む色
季節の匂い
それが変わって行くと頭の中に広がる情景もかわる


これからの素敵な歩みがたのしみで、
その中で「過去」に「さようなら」って何度も何度も挨拶もしたり
人の頭の中ってのは
現在にいながらも「未来の想像」と「過去の記憶」をいったり来たり。
ちょっとかなしくなったりするけれど
だからこそ、より「煌めく未来の想像」を描いていけるんだろうね。 
[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-27 03:22

それだけ。

f0077852_048289.jpg

あー
どうなんだろう?

ならばこうしてみよう
こう明日はなしてみよう
あさっては出掛けよう
その次は美味しい食事を食べに行こう
一緒に音楽を聞きに行こう
この話をしよう
笑おう
過ごそう


ただ、それだけでいいんだ。
ただ、大切を大切にすればいいのだ。
本当に大事にしたいからだからきっといろいろ考えてしまうけど

どうなんだろう?
と読み取れないことを考えてしまうまえに
できることをすればいい

そう、心から大切にすればいい。


まるでお花にお水をあげるみたいに、さ。 ♪
[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-14 00:48

レイニ−

試練ってつきまとう!
わたしにとっての試練はこれだ!!!ってわかっている。


f0077852_2020391.jpg

わかっている。
でもなんどもぶつかってくーるーしーー

すこしずつかわれてるのかな
すこしづつ 試練の壁をこわせているのかな
乗り越えると トラウマ は紙一重なキがして。
苦しいひはちょっと堪え難い。
はかない人生です。

いまはまるで雨降り。


そしてまた、いつか晴れるんだけど。
[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-12 20:22

こころの欠片

かがやかしい内から放たれる力は、観客を魅了します。♪

どんなジャンルであっても、そう
伝わってくる空気。

そんなことを感じれた演奏会。
ドレスをつくって見る機会ができてよかったなあ♪。
友人はその秋色のステージにはえる素敵なドレスを纏い
いきいきと、そして力強く歌っていました。 ♪

またおきゃくさまに、「素敵なステージだ」と感じてもらう手助けとして
ドレスが輝いていたら、それはそれは嬉しいことです。
わたしも込めて製作したからなあ。

f0077852_1384491.jpg

[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-07 13:11

眠気につつまれてー

ついに完成、依頼をうけて製作したドレスです。 ♪

f0077852_1351130.jpg

おおきなホールで着る
遠くから魅せる服をつくるっていうのはいつもの感覚と違い、
あらたな発想と、その実践、を繰り返すことをしながら要求と照らし合わる
というかんじでした。

期間も短かったため
ちょっと、ひさしぶりに、できあがったときには自分おつかれ!!
とすごく嬉しい達成感をかんじたのでした。


自分のつくりたいもの
    すきな世界のいろ 空気
そいうものを、表現すること ずっとしながら

こうやって誰かから依頼をうけ
その人の「描いたイメージ」を形にするってのは ゆめかなえるみたいな事だから
とてもうれしい作業ですね。

f0077852_21571381.jpg
[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-05 21:57

モノをつくる事。

f0077852_063183.jpg


自分でやりたくてやってることだよね?

私はそう。
やりたいからやるだけ。

それは、いろんな事のはけ口に成るべく、自分が選んでしていること。

たくさーーーーーんいろんなことできる自由のなかで

選んだ一つ。そしてそこにうまれる仲間。
 費やすたくさんの時間。 

しかし
それすらを投げ出すように、するなんて。ちがってるんじゃないかな。
ならやらなきゃいいんだよ。
もちろん目指すとこまでの距離はもどかしく、
いろんな葛藤のなかで、「励む」ことのできるすきなことならば
時にくるしいし努力がいるし落ち込んだりもするけれど

それでもやりたいこと、なんだよね。
それでもやるって決めたことなんじゃないのかな?
そんな揺るぎないの?
そんなかるいもの? ならやめちまえばいいんだよ。
やるか、やらないか。それしか無いんだから。


わかってる
かんじるよ苦しい葛藤にいることー
そこに流れる苦しい空気。

それでも
それをわかって抱えた上でも


大切なのは
ただどうなりたいか、だけなんだと思う。
どんな思いを抱えても、「どうなりたいか」だけを持ち続ける事。


それだけ。
[PR]
by chocolat_laposte | 2007-11-02 00:14