<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

グッドバイ

f0077852_1651453.jpg

f0077852_1651443.jpg

there is no one can understand me truly.

だからこそ輝く個性だけど。

もう12月23日。
今年が終わっちゃうね!!

今年は、いままでにない年だったなあ私は。
努力することに夢中になったり、いまそんな自分を振り返ったり。
手にのりきらないほどに、たくさんはかかえきれない。大切は、本当に大切にしなくちゃ ね。 ♪
残像はなかなか目の裏から消えないけど
だからこそつくりあげよう。
それをも照らしつつむあかるい創作を。 ♪

頑張ってきましょう。
[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-23 16:05

「使い捨ての時代」

f0077852_1619244.jpg


大変ショックをうけた。 あらためて文章でみるとおそろしいことだ。そんな日常に慣らされてるんだ。


なにげに、雰囲気もすきだし今回の内容いいな、て手にした WWD。

いつものように コーヒー片手に読んでいたら
NIGOさんのインタビューで

「音楽だったらダウンロードしてメモリがフルになったらポイ捨ての時代。ファッションも同じ、使い捨ての時代になってきた。そんな危機感があるんです。」

と。

そう。なんとなく感じていた、右むけ右のような、テレビや雑誌にのってる洋服をみんなおなじく着たりおなじ髪型が溢れたり。わくわくしない。あなたらしい似合うをしてほしいのに。と感じてた私は、この言葉に大変衝撃を受けた上、

そうだ、
そう。自分の生みだしだけでなく、
カルチャーとしてのファッション。
そういった目線でもやり続けてきたいと意志を持てた一文。

そう。もちろん便利な機能は活用すべきだけど、
でも忘れてはだめな、こと、めにみえない大切があるとおもう。
つくるものは、心こめられたものとかに、力は絶対こもってるから。 そういう大事にひとつを仕上げたい。

人へ、なにか贈りもののようにものを渡すとき、それが届いたとき、手にしたら相手を思い出すような、だからいつも大切にしときたい 一品としてものをあつかう気持ちを 忘れないでほしいなあ ともおもう。
[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-17 16:19

書き終えた。

ーというわけで、すべての日付をよんでくださりありがとう。♩

f0077852_2148466.jpg


こんなつづく緑の道のように。
先へつながるよい風景が目に焼き付いて、旅に出て、1ヶ月半たったいまも書きながら鮮明に思い出されるその街の、人、空気。
パリは、おしゃべりと食の街、という印象をわたしはうけました。
みんな昼も夜も、レストランや、カフェは満員で、テイクアウトのフード店もたくさんあって、
そこにはたのしそうに笑う顔があって、それが毎日毎日いろんな街でみられる。
パリ市内町並みは5分も歩けばまったくちがったりするのに、どこの街でも食べるしゃべる人はいます。


そんな街で、わたしも食べて話して、いろんな人と出会えたり、眺めたり。

f0077852_21582334.jpg



またくるぜ!!
ぱり。♩
そして次またちがう街へも旅行、たのしみだね、どこいこうかな。♩
f0077852_2159236.jpg

[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 21:59

paris かわいい部屋と、おまけ話

泊まった部屋もほんとかわいいお部屋でした。

f0077852_2123155.jpg
f0077852_21235187.jpg


夜 帰り
RER の窓越し 


f0077852_21283551.jpg


ご飯で友人がとってくれたお気に入りの写真

f0077852_21295181.jpg


パリと背中

f0077852_21304038.jpg


たくさんの思い出とともに無事帰宅ー、、といいたいとこだが最後に事件!!!!
パリはほんと地下鉄の小銭の使い勝手が悪い悪い。
それはしってましたが、まさか空港までの、たかめの切符までも小銭だけでいれるなんてーー!!不可能だああああということで、空港くらい、精算機あるでしょうー?
なんていう勝手な憶測で安切符で改札とおり入ってしまった私たち。

これが後に地獄をみるなんて、、!!


時間もぎりぎり、帰りの飛行機に向け、列車に乗って空港へ。

さあ列車おえいて改札とおろーーって、、通れない!(そりゃそうだ笑)
まてまて精算機は? (まったくそんなものがみあたらない!)
おちつけおちつけじゃあ駅員一人くらい、、、   いなーーーーーーーーい!!!!!!

4人の迷い子たちがその改札をうろうろ、。
おなじ境遇にいたその男性にいたっては閉まる改札口に向かってアターック笑
焦りながらも笑えるっっっなんて笑ってる場合ではなーーーい。


へるぷーーー、、
もうだめだ一生この改札のなかで暮らしていくのね、とまでと思い始めた



そのときであります、神が現れました。 




長身の彼に、わたしはもうなんていったか覚えてません、 
きっと へるぷみーー、、的なことを。
するとその黒人男性がひと言 「 For Together .」(しかもクールにしっとりと)

!!!!!!!!
一気に目の前には花畑、いや宇宙へ舞い上がる打ち上げロケット!のように心のメーターがはねあがり、みんなでそれーと改札を(一人の切符でプラス4人)くぐったのでした。笑

そこから陽気にわたしたちは 帰りの飛行機ののってる時間なんてなんのその
tegether のテーマソングを歌って過ごしたのでした。 笑
[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 21:46

paris 日記7

いよいよラストの日。
f0077852_211042100.jpg


旅というのはその街になれてきたころ、帰ることになってしまうものなんでしょうか。

今日はまず、モード美術館へ。装飾、広告美術館とつながっている美術館で、
帰ってきて今vogueなどで取り扱われているデザイナーの洋服とデザイン画の展示がやっていて、
パリだからこそみられる展示にとってもたのしい思いをいただきました。
ため息でるほど楽しかった。


そしてそして
きのうからはじまっているパリコレ。

どうしても中にはいりたい!!いや会場にちかづこう!!と調べた会場へ、近づいてみることに!
チュイルリー庭園では、有名デザイナーのショーばかりで、わたしが近づいた時間はDior.。
そりゃ入り込めないな、、とおもいつつ、集まるお客さまも、vipばかりのため、パパラッチがたくさーーん。空気をいっぱいすいました。

そしてそして、展示会場、パリ市内6カ所くらいにひろがっている新作合同展示会場にはいるしかない!!とおもい、挑戦。入れましたー♩わーい 
f0077852_20592624.jpg


いろんなブランドの新作がならぶ
バイヤーを待つブランド側。
とっても こうしようああしようと作る意味で想像ひろがる時間を過ごせました。
この 機会 に感謝。
そのまま次の展示会場も何カ所かまわり、貴重な体験をしたわたしでした。
f0077852_2122928.jpg

tranoi  プレゼンターは Q pot 。
スケールの大きい会場装飾にも感動。

そんなこんなでよい空気いただきながら、夜は、パリコレへ買い付けにきていた札幌の先輩と
合流し、最後の食事をたのしみ♩。
ここでこんな時間を過ごせるしあわせを感じ。


f0077852_2195938.jpg


ついでの遠くから眺めてのエッフェル塔(のぼるのは3日にしてまして)
や、クルーズ団結話(これはうけた、、近いうちかきます)があり、パリの夜をたのしんだのでした。 ♩

f0077852_21155261.jpg

[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 21:14

paris 日記6

ひとりで目覚める日。
だらだら過ごそうと思えばすごせる環境。だれもしらないこの街で、うごかなければ何もはじまらない。これが旅の醍醐味。
だらだらしたい気持ちをおさえ笑、さあ今日はいっていない街へいこ。
個性的な店が連なるという、マレ地区へ。

まずはいってみたかった紙ものをあつかうお店、トレへ。
丁寧に刷られた便せん封筒。一冊づつつくられたノート。文房具たち。
f0077852_2081028.jpg


あーかわいいー!!こんな空間いいわー 文房具好きのわたしにはたまらないお店でした。
また夫婦経営ぽくって、やさしいおじさまがレジでした。


f0077852_21201824.jpg
そのまま、パリにしかないていう栗のジャムかいにスーパー入ったり、
絵のギャラリーや、靴屋、洋服屋が立ち並び、歩くだけでたのしい街、マレ地区でした!

さてさて夜は、リオンから無事戻った友人と、現地パティシエの友人と三人でディナーへ。
f0077852_20124618.jpg


ブルゴーニュ地方の料理をいただけるというお店がこんなふうににぎわっています、♪
二人は会話と食事、まさにこふたつをおおいに楽しんでいて、隣の席の私たちまでたのしくなりました。♪
f0077852_20145651.jpg
f0077852_20143040.jpg


あー今写真みただけでもおいしさ思い出すたのしい空間だったなあ。
満席で、にぎわっていて、そこでパンちぎりながらテリーヌをいただきワインを飲む。

デザートも見た目もかわいく最高でした。
ベリーの fruit soup .
f0077852_2017097.jpg


ほろ酔い気分でのるmetro もたのしく、これがここになれてきた心の余裕を物語っているなあと
今、文章をかきながら感じたのでした。♪
[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 20:18

paris 日記5

さあ今日は一人行動の日。
友人はあたらしいお菓子をもとめリオンへ。

ということで私も今日はファッションに関わる一日にセッティング。♩

ある募集をみてしった福岡のブランド Quantize .
そのブランドのパリプロジェクト、 版画の柄を生地に落とし込んでつくった洋服と、
その版画を全面に刷ったおおきな紙がオブジェとなりゲリラショーを行い、撮影するというもの。

その手伝いへでかけてきました。
つくとこんな感じでヘアメイクの仕上げ中。
f0077852_19542026.jpg


はじめてあうボランティアスタッフも、ブランドのひともみんなも良い人ばっかりで
「旅行中ですか??」「札幌からですー」 ええー!!とか、
ヘアメイク、カメラマンはNYからきてるとか、私は高校の同級生で今日ここにいるのよなんて人もいたり、カナダで料理人やってたけど地元がこのブランドのひと近くて縁を感じてきたとか、、
いろんな人がいましたが、本当たのしくすごせる人たちばかりで。

f0077852_1958189.jpg
f0077852_19582367.jpg


こんな感じにすすんだ撮影は、街行く人々も釘付けで、面白い見せ方を学べました。
まあわたしはこの版画の中にはいったんですけどね笑
また鹿児島のTVの撮影でインタビューされたり忙しくたのしい一日でありました!

関わったみなさまありがとうございました!

帰り道、ずっと食べたかった fromage de pulet をかって美味しくいただき 眠りについたのでありました。
[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 20:02

paris 日記 4つづき


さて今日は中心街のほうへお買い物へー。
ラファイエットの展示ふはすてきでみるだけでたのしい。♩



f0077852_191452.jpg


グルメ街で、マカロン食べたり、とらやへいったり。ラデュレは大人気。

5日目
次の日も買い物&街散策デイ。
初日中にははいれなかったノートルダム寺院へ。

f0077852_1924388.jpg

その後パリ最古の サントシャペル へ。
なみだ がでそうな、そして頭痛のおきるほどのパワーでした、、
はっきりとした色のステンドギラスがきれい。 ♩
f0077852_19261581.jpg





その後は
ケーキやショコラ店めぐり旅。
友達につれられておいしいショコラに巡り会えて幸せ。♩

f0077852_1937193.jpg
私的にはパトリックロジェさんのはかりうりチョコがとても上品にとけ、美味しくいただきました。


またパリのにしかないお店 meson de chocolat もとても高級感ただよう店内、
とてもすてきにショコラがならんでました。
f0077852_19311233.jpg
f0077852_19313955.jpg


そして本日最後に、日本でも今人気というカールマルレッティでケーキをいただきました。
バラのクリームのケーキ。濃厚なチョコクリームの乗った焼き菓子的食感のケーキ。
隣にお花やがある、テラス席でいただくケーキはさらにおいしく感じました。
そしてそして
ここでミラクル!!
パティシエの友人にとってこのマルレッティさんは、日本のsweets雑誌とかでもしってきたパティシエだったのですが、ケーキを選んでいる私たちの前へその、彼が登場!!

握手してもらい、パティシエのパワーをもらえる体験が♩そんな友人をみてわたしもとてもテンションがあがりましたとさ。笑
販売スタッフも元ホテンマンという紳士な男性で、またケーキの説明や取り分け、立ち居振る舞いが美しいこと、、。
サービスあってのお店、すべてに感動した一店でした。♩

f0077852_19382345.jpg
f0077852_19402844.jpg

[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 19:44

paris 日記 4

 4日めはすこし疲れがでてきたのでゆっくりめに行動。

コインランドリーでこんなことしてあそんじゃいました。笑 ♩
f0077852_19475611.jpg
f0077852_19481258.jpg
[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 19:39

paris 日記 3

だいぶ街にもなれてきました。
すいすいMETROにだってのれちゃいます。

今日は日ようび、蚤の市へ。

まずは 衣類が多いという モントレイユ蚤の市へ。
道をたずねたフランス男姓はやさしく身振り手振り英語フランス語でスリにはきをつけてねー
てなニュアンスで話してくれ無事着。
ここはほんと古着の、仕入れの場所てきに山積みになった洋服たちがたーーくさん。
掘り出してみつけるのがすき!!て人におすすめ。
街自体はあまりきれいなタイプではありませんでした。

am10じ。
つぎの場所、ヴァンプの蚤の市へ。
着くまでにパン屋でクロワッサンとオレンジジュースをいただく。 

f0077852_18195257.jpg

f0077852_18233344.jpg

こちらは見やすい。
食器や古い紙。はがき。アクセサリー。
かわいい小物がたくさん!
& ワン もたくさん
カーワいい。
f0077852_18215380.jpg
f0077852_18223463.jpg


それにひともあたたかい。
40代くらいかな?女のひとが たのしいかい?? なんて フランス語でたずねてきた。
もちろん挨拶以外は難しいため、英語で答えてみる。

またなにか質問してくる。 笑顔とニュアンスで伝わったのか、たのしい会話の時間ができました♩
さて買い物を終えて、夕方からは、パリでパティシエをしている友人の友人と合流。
ケーキの食べれるカフェでお茶をして、サクレクール寺院へいったり、そのまわり、
f0077852_20225852.jpg
モンマルトル〜ピガールを散策。
モンマルトルは芸術家が愛した街で、アメリの舞台にもつかわれた、古いかわいらしい街なのに対し、五分もあるけばつく隣街はピガールは遊び街で、昼なのにピンクネオンや、カーテンの奥につづく部屋などドッキドキ笑
の雰囲気。 
街によっていろんな表情がある、とこの日からきづきはじめたのです。

友達とはまた数日後ご飯の約束をし、夜はポンピドュー芸術文化センターへ。
近代美術ものの多いこのセンターは、外に面したみえるエスカレーターで5階まであがれるように
なっていて、そこからまた、この、きれいな色がみえたのでした。♩

f0077852_195134.jpg


夜は歩き疲れてぐっすり。
[PR]
by chocolat_laposte | 2009-12-13 19:05