<   2010年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ランチは

f0077852_18254176.jpg




ル.シュマンへ。♪
富良野の農園でつくった、野菜やお米をつかって作ってるお店ときき、き
てみました。
濃いめのカボチャのスープと、自家製パンが美味。
ここでつくられたものには、パワーがあるもおもいます。おいしく、あた
たかくいただきました。
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-30 18:25

ゆらゆらきらり

f0077852_14281632.jpg




すごく綺麗で、またかわいくたのしめるものもありで、ぜひたくさんのひ
とに、いってもらいたいっておもいました。
万華鏡て、ちいさいころ、見てキラキラで光りのは入り具合で変化すると
こにすっごいわくわくすきだったおもいでがあるけど、
幻想的につくられた部屋が万華鏡の概念をとびだしてつくられたような、
すてきな空間でした。

ここをつくった館長がいろいろ説明してくれたけど、万華鏡への愛をかん
じてほっこりしました、
そしてまた、たのしいことをやれそうな、そんな話もできました。
素敵なじかんをありがとうございました!
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-30 14:28

こぐこと40分

f0077852_14273584.jpg




辿りついたのは
ふらび
ふらのやまべ美ゅーじあむ
富良野の木造校舎の跡地にできた、
万華鏡の美術館。
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-30 14:27

あおぞら

f0077852_10221127.jpg




チャリ旅に適したてんきです!
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-30 10:22

富良野散策

f0077852_10121237.jpg




きのう焼いたパンと、かりてるかわいい自転車ととも
に。
チャリ旅にでまーす♩
おなかすいたらつくったパンをかじるなんてなんてた
のしみのある旅だろうー
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-30 10:12

模索のなかで

f0077852_21291337.jpg




かしていただいてる自転車が、プジョーのでオレンジで味があってあまり
に、かわいくて。♪
夕方は自転車を予定よりも遠くへはしらせてきました。

するとみえた景色
またこころに、ひろがった景色

秋になる頃
わたしはすこしかすすめているかな。?

でもむりだったらあきらかにここには、ちがう風景があること、それは、
すすんでるってこととおもう。
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-27 21:29

ノラカフェ初日

f0077852_20155087.jpg




おそうじしてパンを袋につめー
調理をてつだったり、珈琲をいれたり。
とってもたのしいです。♪
近所のひと、あいさつしてたのしそうに、会話が生まれる。
地域に必要とされるお店のような、そんな感覚を味わいました。
おだやかで、ゆっくりと。すてきな時間がここにはながれています。
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-27 20:15

陶芸体験

f0077852_21292628.jpg




そしてはじめての陶芸体験。♪
集中力のいる、はいりこめるたのしい体験でした!
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-26 21:29

カフェノラ

f0077852_21263558.jpg



明日から一週間、10/3までお手伝いします、カフェノ
ラさん。♪
珈琲もお食事もおいしいです。
また陶芸ギャラリーも併用しています、そんな素敵な
空間、ぜひきてください。
野良窯ー

北海道富良野市
下五区
TEL(0167) 22-8929
木曜定休日
いかHPよりコピペ⇨国道38号線を、フラノマル
シェ・ソフトバンク・ラルズスーパーのある交差点
を、富良野駅と逆方向に曲がってください。
五条大橋という、空知川を渡る青くて大きな橋を越え
ると、100メートル先右手にあります。
グーグルアースにも載っています。心配であれば先に
ご覧になっておくと良いかと思います。
*行き過ぎて、玉ねぎ倉庫からお電話をいただくこと
が非常に多いです!橋を渡ったらスピードを落として
下さい。橋の上からすでに見えている、かまぼこ型の
倉庫がある家がそうです。

お待ちしてます。♪
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-26 21:26

忘れられない

f0077852_0233036.jpg




というわけで、
山寺のあとは、仙台で牛タンをたべ、空港へむかい帰ってきたのでした。

自分のイーハトーブは結局のところ己のこころにあるものだ。とおもいま
すが、
重ね合わせすてきな時間として感じることのできるのが、旅行だったりす
るとおもいます。

思いのままに。
今回はだいたいの行動を決めつつ、未知の土地であった岩手から山形を、
移動もたのしみながらかんじれてよかったなあってかんじてます。
結構、大胆に移動したよなあ、ておもうこの旅の事。
忘れないでしょうね。

どの場面もわすれられない。
ビール片手にのったバスも、たのしすぎた宴会フェリーも、すばらしい式
も。
そして手帳をおきざりにした駅の事、バスにむかって二度走らないといけ
ないタイムスケジュール。
二分遅れで乗り込む奇跡も。
そして、美味しい食事と、生まれた会話。
ひとりながめる窓の外うつりゆく山々。めぐる思考。
しっとり雨に潤う山に、
一段一段かみしめてのぼった石段、すれちがった人の空気。
まるで修学旅行でにぎわう、お土産に足踏み入れたら蘇った記憶。

年を重ねると、
あれみたいだな。どこみたいだな。あのひとみたいだな。
なんて分類しちゃいがちになるもんだろうけど、
未開の地にいくことは、あたらしくって、あたまが考えさる状況ばかり
で、感動したり、ひとりでゆっくりかんがえたり。

もう何日も、
イーハトーブへ
じぶんはいけていたような、気がします。
こんなじかんをありがとう。
さあ、ここからはどんな理想郷を描こうか?
そろそろかためていこうじゃないの!♪
[PR]
by chocolat_laposte | 2010-09-26 00:23