<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新しいデザインTです。♪

f0077852_20154823.jpg


 ♪、Tシャツが着たくなる季節がやってきました、、♪
というにはまだすこし気がはやいけど
日差しが差し込む時間はほんとあたたかくて気持ちよい日が増えてきましたね!

2012ねんからシリーズとしてつくってます新作プリントTシャツ。
ことしもシルクスクリーンで、かわいいプリント色で製作しています!

まずはLadys Tが仕上がりました♪
f0077852_20183941.jpg


とってもかわいいです。
3色×ミント。 
他のいろのくわしい写真はこちらのfacebook himlenページでご覧ください。♪


デザインの段階からことしのは
ちょっと気がぬけたような♪やんわりシンプルなデザインにしたいなー
と練っていました。
f0077852_20203219.jpg



そして本日、
とっても天気が良い中プリント作業、、♪
f0077852_2021498.jpg


バックのプリントなどもいっしょに仕上げました。
とってもかわいくプリントできてあ〜しあわせ〜〜という気分いっぱい

ものつくりは もっとうまくなりたい、、という気持ちとかと
つねに背中あわせですがおもったとおりに仕上がったときの喜びが最高だから
こうやってたのしいものつくりをつづけていきたいって
おもいつづけています。

バックとあわせてもかわいい。
f0077852_2024527.jpg


ちょこっとご近所へお買い物、、お財布だけいれておでかけ〜
なんていうミニバックも昨年から人気がありますが
ことしはイエロー!♪
こんな新作を持って、5/10の札幌地下歩行空間から販売スタートです^^

富良野でも販売会をしたいので企画しよう♪

そして、
郵送でも対応できますので気になっちゃった方はご気軽にメッセージください〜

というわけで
レディースTのご紹介でした*
mensladys兼用Tも
ただいま製作中ですのでそちらもたのしみにまっていてください♪
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-29 20:28 | ものつくり

すこし復活、、!

f0077852_2372251.jpg


あ〜〜3、4日ほど
半端無く体調わるかった〜〜〜ッっ!!
と本日やっと良くなりつつある、、、!
ってかんじなのでこうして今ブログをひさしぶりにあけているところですっ

結構
まわりのみなさま体調わるかったひと多い時期だったようですねっ

でも気温は20ど越えして
一気に初夏っていう雰囲気でぽかぽか、、この陽気がうれしいーーー!!
ってくらい完璧な復活をはやくとげたいものです、、。


そんな今日は午前中、
陶器のブローチつくり、、♪
去年とっても人気があったおうちシリーズもつくりつつ、
鳥さんなどはあたらしく成形しております。これから乾かす週間。



f0077852_2372256.jpg

最近は夕日のじかんがとっても綺麗。
こんなふうに窓にまっすぐヒカリが差し込んできます。


この時期はみんな各地でそれぞれイベントに出展したりしてますね。

わたしも5がつは3件イベントが決まってますが
「もしあのイベントにでてたら?」とか、いろいろ違った道を考えてみたりしても

「いや、この道がベストなんだな♪」て
答えに必ずたどり着きます。


自分らしさ 自分のままでものをつくること、
をやっと再開できた自分にとってはこの道筋だからこそ

このらしさを肩肘はらずにヒョウゲンするってとこに
戻れたのだと感じてます。
こんなふうに、ほんとうに確実な一歩一歩でまた服をつくれていることに
しあわせをかんじてます。

そんななか友人が大事な友達の結婚式の服を、、♪とオーダーもしてくれ
無事納品が終わりました。
そんな気持ちのこもった思いでのオーダー、
とても嬉しくありがたい気持ちでいっぱい/^^
作らせてもらえてしあわせでした。ありがとうっ

ーーーーーーーーー
いろんなことが
一歩一歩じぶんの足でその一歩を踏んでいるからこそ、
しっかりとしたイメージを持てたり、確証をもってはなすことができたり
するんだな、っていうのも実感できて、

今年は本当にすばらしい一年を歩んでいるなあ、、
とあたらしい階段を登っている気分を味わいながらそう感じてます。

来週1週間の予定も立て終わったし、
いままとめている大事な書類も、どんどん細部まで数値を入れてく段階まできて
1ヶ月まえはここまでの想像はつかないことでも
目の前のことの積み重ねのおかげでみえてくるものがでてきてる実感が大きく
なにかに挑戦しよう、って決めて
知らないことも恥じる事は決してなく、スタートしてよかったなって
感じてます。

そしてそれをここまでサポートしてくれたひとたちのためにも
これを確実につかもう!とこの書類を仕上げてこう、っていう
気持ちでがんばれるのでした〜 *


さ、そんなこんな明日からもまたがんばってこ〜^^
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-27 23:07 | ものつくり

富良野。

f0077852_11535467.jpg




こないだは友達とあったあと、
あまりに気持ちの良い天気なので
小高い山に登ってみました。

富良野の町を眺めれます。

富良野にいるってこと、
あたりまえになってきて楽しい友達もできてしあわせだなーてなかで
ものつくって
都会に出向いて販売してー


そのギャップはうめられないけど
気にしてるひまはないね

これだからこそ、やるんだよね。

と、富良野でしっかりやろう、とこの足でこの土地にしっかり足をつけたときから、この土地でやる意味が見えてきた!


いま絶賛、発熱中で体調はよくないが笑、コツコツと積み上げてこー〜♪がんばろっ!
てとこです。
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-23 11:53

キラキラーんと浮かぶイロ。

f0077852_23415563.jpg


さあさあ届いた生地さんたちと向き合いつくりはじめています!!


いまは自宅でやっているので
ずらーーと生地を広げたり型紙広げたりが少々困難なのですが
できあがった作品をならべるにも難しい空間で、、

でもなんとかはなるものです♪

広くはないけど片付けたり配置かえてみたりして、こうやっていま
仕上がっていく子たちを眺め調整できる体制をつくってやっています。

そのときつくる形はけっこう考えますが、つかうイロは毎年パッと
このイロたちだ。と浮かびます
ことしの配色はとてもさわやかでかわいい色になっております!♪


依頼していた友人からの作品も届きました
f0077852_234346100.jpg


とってもかわいいです。ありがとうーーー

私のツクル服って、好みって
きっと「シンプル」ということばの枠にはまるものかなーて
おもうのですが、
だからこうやって小物のあわせとかでかわいくしたり、
自分のツクル服だけじゃなくてコーディネート全体で表現していくのが
好きなのだなーと改めておもってから、
すんなりと作りたい服を作ろうとおもえた今回の作品たちです。

だからこうやって、
出そろっていくととっても嬉しい♪

思ったイロの生地ーかたちーそこに飾り物ー*

1つ1つの彩りが重なっていく。

そしてそれが5/10に1つのショーとしてつくっていただける機会に感謝です。

今回は専門学校時代の友人がプロデュースする企画。
とてもたのしみです!それにもうひとりクラスメイトも東京からメンズで参加します
それもとてもたのしみ!


【Lifestyle Fashion Show】
ashir-kotan〜アシル・コタン〜

「アシルコタン」とはアイヌ語で「新しい村」
北海道から新しいライフスタイル「衣・食・住」を提案します

【日時】
2014年5月10日(土)
OPEN 13:00/CLOSE 19:00
※入場無料

【場所】
札幌地下歩行空間北3条広場



入場無料ですのでぜひ、いらしてください♪
そして当日は作品ブースも設けていますのでそこでグッズも販売します。
そちらもぜひあそびにきてくださいね♪

10日どんなかんじに地下歩行空間が彩られるのか、、♪
f0077852_2353042.jpg

[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-20 23:53 | ものつくり

バリ島まとめレポート。

f0077852_05147100.jpg

ずっとたのしみだった蓮池とそのさきに、寺院。
f0077852_0532276.jpg


さてさて、もう、帰って来たとたん、自分が行く前から準備していたからもありますが
やるべき仕事が順番順番にやってきます。 
仕事の連絡をもらったり、様々な自分の取り組むことがはっきりと
浮き出てきて、
くっきりはっきりそれを捉えられるのは旅にでかけてクリアになる時間を
過ごせたからかな、とありがたく感じます。♪


f0077852_0514719.jpg

帰りの飛行機からすでにひらめきがやってきて、
どうにも決まらないな〜って前思っていたことが、パッ!とひらめいて
〜〜〜〜♪!!って気持ちになったのでした。

f0077852_0514792.jpg

沢山たくさん歩きました。

今回の旅、いつもどおり興味の対象ヨーロッパにもいきたいな、という
候補もあったのですが、自分の知っている、興味のある世界観の感性の刺激、
よりも今回はまったくはっきりいって最初は興味のなかった(笑)世界観、国への旅
というのを選んだインドネシアへの旅行。

それは自分のいまの年齢もあるかもしれませんが、
洗練されたものの吸収ではなく、ちがう文化の町並み、日常、暮らしごと感じる
ってことをするには、インドネシアはとってもいいかも♪と
旅の先輩の話をきくとかんじ、
さらに深めて調べていくと、ヨガで知る事のできた神様の名前がたくさんでてきて
寺院も、自然もたくさん、自然のなかで沢山の人が暮らす、南国での日常、
というのをかんじてみよう、という目線で今回の旅先は決まったのであります。



f0077852_0514716.jpg



初日〜 レギャンに宿泊地を置き、
サーフィンや、夜も騒がしく盛り上がるという繁華街的町をうろうろ。
寝っころがりながら店番するひとやらに笑えたりしながら、
散策。 海も眺めました。
夜町スパいくのに歩いてみたりして、夜は夜であたらしい道ばたもの売りも
増えていてまたちがったイロをみせる地域、
バリのなかで街!っていう雰囲気にぎわう、でもそのなかに普通に道中にお供え物がある、
寺院、いろんなものが同居する町並みでありました。

f0077852_155289.jpg


2日め〜ウブドエリアへ。
静かだよ〜なんて聞いていましたが、やっぱり王宮や市場がある通りは
すごいにぎわいで、バリのひと自身もあそびにくるような?
わいわいとした雰囲気がありました。

f0077852_1131611.jpg


しかし、山エリアだけあって緑がさらに増えて、すこし裏道に入ると
しずかーで鳥やカエルの声だけが聞こえてくるような地域。
すこし車を走らせればこういった有名な風景、棚田をみることができたり、
目に飛び込むイロ、緑の濃さが、北海道にいると中々見ないような発色で
それにただただ綺麗だなあ〜〜と感じさせられていたのでした。

f0077852_1132753.jpg


地域を移動すると、
人の生活もやっぱり変わってるようにかんじて、
生活が大変なのかな?というのをかんじたり、
この人はバリのなかでもしっかり生活ができているのかな?
なんて、表情とか、話す内容とか、やっている仕事とかから感じたりして、
いろんなことを感じちゃったりしたんですが
でもそれもふくめて

前回の日記にも書きましたが
みーんな、 1日の営みがあたりまえで、自然で、
作られた感じがしなくって、
 たとえば すてきにガムラン演奏して200人ちかくの拍手をうけた演奏者や
踊り子さんが、
f0077852_1211040.jpg

おわって5分もたたないで 脇からでてきて
自分のスクーターでばばば〜〜ってすぐ帰っていったりとか笑

なんか「余韻とかにひたらないんだ、、笑」ておもったりして、
だからそれって、素敵な演奏をしごとにしてるひとも、
だるそうに店番してるひとも、
しつこく人追っかけて物売りしてるひとも、
ぐたぐた片側をみて悩んだりしてなくって、あたりまえにやるべきこと、みたいのを
受け入れてただただ過ごしているように見えて、

そこが、インドネシアなのかな?とかんじたのでした。
ぜんぜん、わからないけど、自分はそうかんじたのでした。


そしたっけ、
自分も、目のまえにやれること、やりたいこと、やらせてもたえること
沢山あることが見えてきて
それに それをただ球体でとらえてとりくむだけじゃん♪って
かんじれて。


だから、その、善とか悪とか、どっちがどうだとか、
そういうことばっかりにこだわるべきではないな、って
そう、すべてのひと、存在するものにはその両方は備わってて、
ただそれを「受け入れる」ってことが大切で、
そのあとどっちに顔むけて生きてくかだってことだよな。と
インドネシアにいた数日まるごとで感じることができて、
そういった捉え方を感じれた事、すばらしい天気にめぐまれたこの日たちに
とても感謝をかんじた今回の旅なのでありました。

f0077852_1272340.jpg


おもしろい人間模様もあって、
ネットでは日本人はタクシーや市場でぼったくられるから気をつけて!!なんて、
たくさんかいてあったけど、

必死に「taxitaxi!!!!」とかけより強めに交渉してくるボーズグラサンのいかつい兄さんも
「俺ならいくらでそこまで行くから乗れ!!」的テンションできても
「いや、ごめん、もうバス予約済みでさ、、」って話すと
「それは仕方ない、、バスオフィスはすぐそこだぜ、気をつけて行けな」なんて
優しかったり、にこにこしてたのに道に迷ったのかわざとなのか目的地をすぎ
ぐるり+1周した運転手とか(もちろん金額は交渉してさげました)
交渉次第でどうとでもなるし、そこを押しのけてひどい態度する人は1人もいなくて、
ただ、日本的にいくと、あたりまえに行き先アナウンスながれる地下鉄、バス、サービス満点のタクシーて感覚でいっちゃうと、
「あれ?さっきと言ってる事ちがう」とか、「平均価格よりたかずきない?」になるだけで、
そこはそうおもったら
「ちょっと変じゃない?だって、、こうだから」てきちんと
コミュニケーションとればいいだけよね♪っておもって、
それが1つの国で買いなされた失われた感覚の1つでもあるってかんじて、
だから日々、疑問をもち、自分の頭で考え、自分の足で進んでいく。
その大切さを、この旅を通して再確認できたのでした。
それは自分の最近の課題でもあるのでとっても感謝できる事柄ばかりでありました。

f0077852_1957891.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ほんと、行き先はどこであれ、
あたらしい人との出逢い、触れ合い、ちがう生活をのぞける旅っていうものは
最高です。

もちろんご飯もおいしく、
体調も崩さず過ごせて、いい感じでありました!!☆

貴重な時間、たいけん、すべてに感謝です
ありがとうございます。

帰ってきてのいまが、、、なんか風邪っぽい。。でもすぐげんきになるぞ!!!
夏にむけいろいろつくりたいのだから〜〜〜
寝込んでいるひまはないのですっっ
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-19 00:51

この地。

f0077852_10444022.jpg


今回の旅を1つ1つ振り返るまえに、
いまいちばん心にのこったことを。♪

立ち上がる木、わき上がる水、青くてまぶしい空。
今回はお天気にめぐまれ、
緑や、太陽に照らされるすべてがキラキラとしているところを眺められたわけですが
すくっと
のびる木々がすごく自然でありがたく、
でもいやらしい存在感ではなく、そこに立ちはばかっていて、

f0077852_10444025.jpg


こんこんと沸く水で、日課のように自分を清める行為をする現地の人。

普段もあついからゆったり、
やすみながら働くことや、お客様がきたらすくっとたちあがって
笑顔になることとか、
こうやって祈ったり清めにきたり、すべてしぜんに過ごしている日常にみえて、

日本とのちがいをそこに多いにかんじて
日本は仕事中はしっかり背筋のばしてたってなきゃ、とか、
仕事と生活の営みをすごくわけているような感覚だけど
インドネシアのひとってあたりまえの毎日を、たのしくすごして
ただ受け入れてる、ってのがすごくつたわってきて、
そんな姿勢っていいよな♪っておもったのが今回の旅の1ばんの感じた事で。


ちょうど見たガムランの演目 バロンダンスも、
最初に訪れた遺跡のゴアガジャも、陰と陽、男と女。
「人の心の中には『良い魂』と『悪い魂』がいくつも同時に存在している」
というバリの人の考え方がまさに表現されているもので、
そのなかできっとただただ何百年も、
すくっとのびる木々たちが そういったことを1つとしてとらえるような
ただ受け入れるってことを目の前で魅せてくれているような気がして、
とっても印象的だったのであります。

f0077852_11154.jpg



そんなすばらしい旅となりました。ありがとうございました。
さあ、のこりはすこしずつレポートしてきます♪


今日はまず5/10にむけつづきの洋服制作をしたいとおもいますっ!!
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-17 10:44

ただいまー

f0077852_2361071.jpg




一週間の旅から帰ってきました。
飛行機乗りすぎて?かあたまがクラクラ中です。

明日からレポートまとめようとおもってるのでよかったらのぞいてください。♪

こんな旅の機会と、すべてに感謝、ありがとうございます

そしてまた、明日からデザインの仕事をがんばろう!とたのしみな毎日を想像しております!!

ひとまず富良野にもどったご報告までに、、
はぁ落ち着きますね♪
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-15 23:06

提供する側と受け取る側の。

f0077852_13493290.jpg


おはようございます。
外はすっかり雪景色、、、、!!! 汗

「はあ〜〜すっかり溶けて運転もらくらくあたたかくてうれしい〜」
と2〜3日おもっていたのに、、、!!

降るときはくるとおもっていたがこんなにもつもるとは、、
な雪景色が広がっている富良野です。

風引かぬようバナナで栄養補給な日々ですっっ

ちょっと前にかきましたが
旅の予定がはいっているので、
旅先のことを調べていると、影響されてそんな味のご飯をたべたくなったり、、
あさから フルーツとかたのしみだな、、♪なんて実際影響されてみたり、、笑

意識の向かったあとというのはおもしろいものです。
向かったとたん、
こうやって現実に反応がおきてく、ってことっすね!!


そして、また、
4月のそのさきの計画にも意識がのぼり、
整えつつ在る今日このごろ。

服を半分仕上げて、
あとは、販売として出店するイベントがいくつかあるのでこものつくり。♪

f0077852_13493213.jpg


気分に沿って制作するのはとても充実したたのしい時間です。
でも、もすこし疲れ知らずの 、無限大パワーがほしいなっておもった
今日このごろであります。 
(写真はチョウチョになるまえの、むげんだいです)


さて、のんびりしているうちのモカさんですが、、笑♪
f0077852_1405656.jpg



ものつくりと、それを伝える事について*おもったんですが

結構やっぱり、住む町、過ごし方、によって、
価値観はそりゃあ違うし、職業とかによってもヒトと人の接し方の感覚って
ちがうとおもうんですが、
最近なおその違うな、っていう感じを味わいます。

それは自分が年をとってきて、
「こういう生活をしていて、こういう価値観で生きている」
というところが明確になってきたからかな??ともおもいます。


そんななかで、違う業種の方からお誘いを受けたりして、
いっしょに仕事をしていく機会がふえる夏ですが、

やっぱり、特に都会と田舎。

需要もちがえば、見せる側(ツクル側、提供する側)の感覚もちがってくる。

そりゃそうね。普段から、見せる相手(お客様となる方々)の
数もちがえばそれこそ、その方々の生活がまるで違う。

でも
そのチガウどんな方々にも、みせていきたいものがある。
というとき、それをどう、協力しあい表現していくのか???
というところにおいて、
どうしてもずれがでてくる。

沢山のひとが、どんな時間までも、あたりまえにあふれる町と、
少数のひとしかいなくって、時間が遅いとだれも外を歩いていないような町、
という文章だけでも、
沢山のことが想像できる。

その町の人々は、
何に重きをおいて、時間やお金をどのようにつかっているのか?
それは、
きっと、その町に合った生き方、過ごし方、
またそれをしたくて都会へ/田舎へ/ 移り住む人々。

ひとまず、どちらもみてきている私。
(もっと田舎はまだ経験はありませんが)
そんなわたしがおもうのは、

そのなかで、
魅せる事、見ていただく事、
その両者が大満足するものっていうものは簡単にはたどりつけない。


だからといって、あきらめているわけではなく、
そのすきまを、どのようにうめていくか?
またはうめるのではなく、どのようなあたらしい形で魅せていくのか??
とか、どのようなあたらしいスタイルでたのしいと感じていただくのか???
という所に焦点を合わすことをイメージしている。

提供も受け取るも、ものをこえて逆転する場面があるし
垣根をこえて1つになることが目的とおもうから。ともおもっていて。

だから、
そういうことをなお深くおもっている今もわたしは、
去年とはあきらかにちがくて、
だから今年は簡単にそうやって、できない、っておもっていて、

でもそれは悩んでいるのではなくて、
あたらしい確実なものを生み出していくために、
通過していく大事な時間なのだろうと、捉えている。


そうやって、
はじめて、「yesだけではない」という選択をしてみている今年は、
本当に大きくちがってくるだろうな、
と感じています。
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-05 13:49 | 感じた事

4月です。*

f0077852_22255769.jpg


1日になったとき、
は!!!♪春だーーーーーーっておもってなにか書きたかったのですが
ちょっとたてこんでいるな、、といっしょけんめい仕事していたら

今日、3日になっていました。笑

着々と作品を仕上げております!!
と、いいつつも、
ちょっとやっぱり、模索期間があったんで、にぶっておりますようで(汗 苦笑)
トワルを組んだのに、仕上げたらもうちょっとこう、、だ。とか思って
さらにお直しを加えたりなんぞしております。

でも、
こうのがいいな、と感じる心がもどってきてよかったなあ、と
思っている自分でもあります。


そうしたらお仲間さんのような美容師さんが撮影したということで
こんな素敵な写真も本日届きました 

f0077852_22275342.jpg


わたしくのsjundehimlen衣装で撮影してくださったようで、
とってもうれしい一枚であります!

さすが
ヘアメイク素敵です、
美しさと可愛さの共存。

うん、
かわいく美しいものがわたしはとても好きであります。
だからお洋服も、やっぱりごてっとはならないし、
シンプルなんだけども、でもかわいさも残しつつ、
というふうにおもわなくても、笑、
結局そんな服しか生まれないのですね。

それは、つくりたい、イロがぶれていないのだね、
と、
はじめてそう思えました。


本当につくりたい、をつくったとき、
かならずそういう風が流れる。

納得する。

やっぱり、きちんと納得できるものを、
これからしっかりつくってこう!って再確認できた、
4がつの3日、 すこし雨の降った日でありました。 *




雨とか、涙とか、
ながれていったら、もう、また、歩くしかないのです

なにか感じた先に
かならずまた一個、答えがある。

1つ1つわたしは答えをだしていきます。
[PR]
by chocolat_laposte | 2014-04-03 22:33 | ブランドsjunde himlen